胃腸内科

┇ 対象疾患

 消化器疾患全般をを対象にしています。
食道 食道炎、食道裂孔ヘルニア、胃食道逆流症(GERD)、食道潰瘍、食道アカラシア、マロリーワイス症候群、食道癌など
急性・慢性胃炎、胃潰瘍、機能性ディスペプシア(FD)、胃ポリープ、出血性胃炎、胃MALTリンパ腫、蛋白漏出性胃腸症、胃癌など
小腸 十二指腸炎・びらん、十二指腸潰瘍,小腸潰瘍、小腸腫瘍など
大腸  大腸ポリープ、大腸癌、イレウス(腸閉塞)、虚血性腸炎、大腸憩室炎、虫垂炎、大腸軸捻転、過敏性腸症候群(IBS)、潰瘍性大腸炎、クローン病、急性腸炎、出血性腸炎、腸結核、腸管ベーッチェット、その他の大腸疾患
肝臓 肝嚢胞、脂肪肝、急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝細胞癌、肝血管種、肝臓腫瘍(良性/悪性)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、原発性胆汁性肝硬変(PBC)、自己免疫性肝炎(AIH)、アルコール性肝障害、薬剤性肝障害、肝膿瘍、その他の肝疾患 その他
胆道 胆嚢炎、胆嚢ポリープ、胆石症、胆道癌、総胆管結石、胆嚢腫瘍(良性・悪性)、閉塞性黄疸、その他の胆道疾患
膵臓 膵嚢胞、IPMN(膵管内乳頭粘液性腫瘍)、急性膵炎、慢性膵炎、膵臓癌、その他の膵疾患
その他 消化管腫瘍(良性・悪性)、消化管粘膜下腫瘍(良性・悪性)、消化管悪性リンパ腫、腹膜腫瘍、腹水など

┇当院の特色

 当院の医師は、頻度の高い一般的内科疾患に幅広く対応すべく、各専門領域の研鑚を積み、内科疾患全般の知識を身につけるように努力をしています。一方で専門領域だけを診るのではなく、かかりつけ医として患者様の全身状態を把握し、症状に沿った血液検査、超音波検査、内視鏡検査、CT検査などを素早く行い、疾患の早期発見、早期治療を目指しております。  できるだけ地域内で治療することを目標にしますが、必要な場合には、他の病院との連携を図り、専門病院へ紹介するなど、迅速に対応しています。

┇ 食道内視鏡検査

 消化器疾患に対し、全般的に対応しています。超音波検査、食道胃内視鏡検査、大腸内視鏡検査、胃透視、注腸検査、CT検査などを行っています。  特に、診断に必要な検査を素早く施行して、診断の遅れが患者様のご負担につながらないように努めています。

┇ 胃内視鏡検査

  当院では、細径ファイバーを用いた胃内視鏡検査を施行しています。挿入経路は経鼻、経口ともに選択できます。ご希望であれば、鎮静剤を投与することもあります。また、ヘリコバクター・ピロリの迅速ウレアーゼ検査も行っています。ヘリコバクター・ピロリは40才代以上の方では多くの方が感染しており、胃癌や胃潰瘍、その他の疾患との関連があると言われています。早めにピロリ菌を除菌することをお勧めしています。 当院では胃内視鏡検査をビデオ撮影し、何回でも詳細に検討することが可能です。検査の結果説明も診察室のパソコンに取り込んだビデオを見ながら説明致します。

 「オリンパスメディカルシステムズ(株)メディカルタウンよりイラスト引用 http://www.medicaltown.net/

┇ 大腸内視鏡検査

 当院では送水による軸保持短縮法で大腸内視鏡検査を施行しています。痛みが少ないのが特徴です。近年、男女ともに大腸がんは増加しておりますので、早めの検査をお勧めします。 当院では大腸内視鏡検査をビデオ撮影し、何回でも詳細に検討することが可能です。検査の結果説明も診察室のパソコンに取り込んだビデオを見ながら説明します。

 「オリンパスメディカルシステムズ(株)メディカルタウンよりイラスト引用 http://www.medicaltown.net/

┇ 超音波検査

 当院の超音波検査は体の解剖に詳しい医師が担当しています。超音波検査は体の触診と同じように、診察室で迅速に行うことができます。

┇ CT検査

 CT検査は肝胆膵などの内臓疾患や急性腹症など消化器疾患の検査として重要です。スピードが速く被曝量の少ないCT検査機器(16列マルチスライスCT)を導入しています。3D画像の撮影も可能であり、より正確な情報を入手することができます。診断に必要なCT検査を素早く施行して、診断の遅れが患者様のご負担につながらないように努めています。

医療法人健翔会 健翔会病院 鹿児島県鹿児島市東郡元町5番10号 ☎099-253-0171
(C) 2014 KENSHOKAI HOSPITAL
このホームページで使用されている術中の写真等はすべて患者様の同意を得て使用しています。